2021年07月27日

【備忘録】Excelで文字入力がもたつく現象の解決方法

近藤和弘法律事務所です。備忘録です。

Excelで文字入力がもたつく(特にBack Spaceで文字を連続して削除するともたつく)現象の解決方法

IMEを以前のバージョンに戻す
posted by kondolaw at 00:00| 弁護士業務

2021年07月08日

お知らせ

近藤和弘法律事務所です。

以下の日程で弁護士は出張のため不在となります。
2021年7月19日(月)〜21日(水)
22日,23日は祝日となっておりますので,この週はご相談など承ることが出来ません。

ご迷惑をお掛けしますが,宜しくお願いします。
posted by kondolaw at 00:00| 弁護士業務

募集打切りのお知らせ

近藤和弘法律事務所です。
下記の募集については打ち切らせていただきました。
http://blog.kondolaw.com/article/188132795.html
posted by kondolaw at 00:00| 弁護士業務

2021年03月11日

【備忘録】被害者請求と労災保険給付により移転した直接請求権が競合する場合の優劣

近藤和弘法律事務所です。備忘録です。

最高裁平成30年9月27日判決によれば,
交通事故の被害者(通勤中の事故等で労災事故にも該当する)が,損害額のうち労災給付では填補されない部分について自賠責に被害者請求(自賠法16条請求)をし,一方で国も労災給付によって移転した直接請求権を行使した場合,被害者請求が優先する。
posted by kondolaw at 00:00| 交通事故

2020年12月18日

【備忘録】複数債務が存在する場合の充当指定のない一部弁済による消滅時効中断の対象

近藤和弘法律事務所です。

最高裁令和2年12月15日判決

https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/896/089896_hanrei.pdf

A(貸主)とB(借主)との間に債務@,A,Bが存在する場合に,Bがどの債務に充当するかを指定せずに一部弁済を行った場合,特段の事情がない限り,全債務の消滅時効が中断する。なぜなら,どの債務に充当するかを指定することができたにもかかわらず,指定しなかったからである。

なお,当該弁済の充当関係については民法488条4項に従うことになる。
タグ:消滅時効
posted by kondolaw at 00:00| 弁護士業務