2014年09月10日

当事務所の解決事例(過払い金)

近藤和弘法律事務所です。当事務所の過払い金の解決例をご紹介します(金額については個人情報の特定にならぬよう概数で記載しています)。

依頼者はCFJ合同会社,SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)と平成8年より取引があり,既に完済なさっておられました。
取引履歴を取り寄せ,利息制限法に基づく引き直し計算を行なったところ,当然両社ともに過払い金が発生しており,両社に対し,不当利得返還請求訴訟(過払い金返還請求訴訟)を提起しました。訴え提起後,両社より和解の提案があり,元金及び過払い利息の合計額のほぼ満額を支払うとの合意が出来ましたので,和解し,訴えについては取り下げました。
両社合わせて,520万円を回収することができました。

過払い金返還請求についてはCMやホームページ等での宣伝を多く見かけるところです。
ご依頼なさる場合,その事務所がどの程度徹底して回収を行なっているのか,ご確認なさってください。
例えば,「ほぼ100%の回収をしています」との記載がある場合,それは「元金」の100%でしょうか,それとも「元金+過払い利息」の100%でしょうか。特に何年も前に完済しているような場合,過払い利息だけでも相当の金額になる場合があります。例えば,今回ご紹介した例ですと,元金のみだと445万円で,75万円は過払い利息です。ご依頼なさる場合,過払い利息についてもしっかり回収してくれるのかどうか,ご確認なさったほうが宜しいかと思います。

また,判決を取得しても支払わないという回収困難な業者も存在しますが,当事務所では回収困難というだけであきらめることなく,あらゆる手段を尽くして回収に努めております(もちろん,そのような業者については,回収の見通しについては流動的にならざるを得ませんので,事前にしっかりご説明させていただいた上で,ご依頼いただいております。)。
posted by kondolaw at 00:00| 解決事例(過払い金)