2016年11月28日

保釈請求却下に対する準抗告が認められました

近藤和弘法律事務所です。

当職が国選弁護人として保釈請求を行なった事案で,保釈請求が却下されましたが,準抗告(不服申立て)を行ない,一転,保釈が認められました。

裁量保釈の可否については,裁判官,裁判体によって判断が異なることがままあります。今回の件とは逆に,保釈許可の決定がなされたものの,検察官が準抗告を行ない,保釈請求が却下されたことも残念ながらあります。

保釈請求が却下された場合,それが不当だと考えられる場合には,今後も積極的に不服申立てをしたいと思います。
タグ:保釈準抗告
posted by kondolaw at 00:00| 弁護士業務