2017年01月18日

住宅紛争処理委員の研修を受講しました

都城市の弁護士の近藤和弘です。

東京で開催された住宅紛争処理委員の研修を受講しました。

今後の業務に役立てたいと思います。

住宅紛争処理には,あっせん,調停,仲裁の3種類がありますが,裁判所に調停申立て,訴訟提起するのと比較してメリットがある制度です(もちろん,裁判所を利用するのに適した事案もあります。)。

評価住宅,保険住宅に関する紛争を抱えている方は,利用を検討されてください。

https://www.chord.or.jp/trouble/tetsuduki.html

IMG_2557.JPG

posted by kondolaw at 00:00| 弁護士業務