2017年07月13日

被害者請求で後遺障害等級11級の認定を受け,労働能力喪失率,過失割合共にこちらの主張通りの和解が成立した事案

近藤和弘法律事務所です。

歩行中に車両にはねられた被害者の事案で,代理人として自賠責への被害者請求を行ない11級が認定されました。腰椎圧迫骨折がありましたが,MRI画像上,T2高信号,T1低信号で,新鮮圧迫骨折であることが認められましたので,その旨を後遺障害診断書に記載してもらい,請求を行ないました。

脊柱の変形での11級認定でしたので,労働能力喪失率(11級の場合20%)に争いが生じることがありますが,本件では,労働能力喪失率が20%であることを前提とした示談が成立しました。

また,過失割合が争点となっており,保険会社は依頼者の過失15%を主張していましたが,実況見分調書を取り寄せ,事故現場の状況を元に交渉した結果,最終的には依頼者の過失5%であることを前提とした示談を成立させることができました。
posted by kondolaw at 00:00| 解決事例(交通事故)