2017年10月06日

石綿(アスベスト)工場の元労働者等への賠償金が支払われます

近藤和弘法律事務所です。

平成26年10月の大阪泉南アスベスト訴訟最高裁判決により,国の損害賠償責任が認められたことに伴い,一定の要件を満たす場合には,国家賠償請求訴訟を提起することにより,国から賠償金が支払われます。
要件
1.昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間に,局所排気装置を設置すべき石綿(アスベスト)工場(石綿紡織工場,石綿含有建材・製品の製造工場等)内において,石綿粉じんにばく露する作業に従事したこと
2.その結果,石綿による一定の健康被害(石綿肺,肺がん,中皮腫,びまん性胸膜肥厚等)を被ったこと
3.提訴の時期が損害賠償請求権の期間内であること

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000077322.pdf

関係あるのでは,と思われる方は,ご相談ください。
posted by kondolaw at 00:00| 弁護士業務