2012年09月09日

破綻したクラヴィス、SMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)に訴訟提起か

近藤和弘法律事務所です。
破綻した貸金業者クラヴィスの破産管財人が、SMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)に対して、クラヴィスが旧プロミスに対して支払った金員の返還を求める訴えを起こす考えを示唆したようです。

http://www.sankeibiz.jp/smp/business/news/120909/bsg1209091210002-s.htm

クラヴィスはプロミスに対して債権譲渡をしましたが、債権譲渡した債権が過払い状態で、プロミスが過払い金を支払った場合、クラヴィスに対して求償し、クラヴィスが求償金の支払いをしてきました。

クラヴィスの破産管財人は、この求償金の支払いが、破産法上の否認対象行為に当たるとして、SMBCコンシューマーファイナンスに対して返還を求めています。

返還を受けられれば、クラヴィスに対する債権者にとっては配当財源が増えるということで朗報ですが、SMBCコンシューマーファイナンスにとっては打撃となります。

貸金業者を取り巻く状況は刻々と変化しています。

先月は過払い金を回収できた業者が、破綻するということも十分あり得ます。

最近の過払い金返還請求には、時効の壁のみならず、貸金業者の倒産のリスクという壁もあります。
後者の壁に立ち向かうには、一刻も早く手続を進める以外に方法はありません。

迷っておられる方は、お急ぎください。


事務所ホームページ
http://www.kondolaw.com/
過払い金(債務整理•任意整理)相談室
http://www.kabarai.kondolaw.com/
交通事故相談室
http://www.kotujiko.kondolaw.com/
相続遺言相談室
http://www.sozoku.kondolaw.com/
posted by kondolaw at 00:00| 債務整理