2012年05月24日

交通事故Part5

近藤和弘法律事務所です。

交通事故の被害者が加害者に請求できる休業損害について説明します。

まず,給与所得者ですが,事故による休職によって収入が減った場合,その額が損害となります。事故による治療のため有給休暇を消化した場合,その消化分は本来事故の治療ではなく自分のために自由に使用できるものですから,その日数分の給与相当額は損害として請求できます。

自営業者についても,事故により稼働能力が低下し,現実の収入減があった場合,その額が損害となります。給与所得者の場合には,収入減の立証は給与明細書等で容易にできる場合が多いのですが,自営業者の場合には,収入減の立証をどのようにして行なうかが問題となる場合が多々あります。

家事従事者については,事故による負傷のため家事労働に従事できなかった期間について,賃金センサス(厚生労働省が国民の収入状況について調査した結果をまとめたものです。)に基づいて損害額を計算し,請求します。

無職者については,事故がなければ就労していた可能性が高いと認められれば,請求できます。この場合,賃金センサスをもとに損害額を計算しますが,平均賃金満額が認められる場合は少ないでしょう。
posted by kondolaw at 00:00| 交通事故

2012年05月11日

交通事故Part4

近藤和弘法律事務所です。

付添看護費(入院付添費,通院付添費,自宅付添費)ですが,医師の指示がある場合,又は被害者の年齢等を考慮して必要相当と認められる場合には請求できます。

自賠責では,

1.入院付添費については,原則として12歳以下の子供に近親者等が付き添った場合,一日4100円

2.通院付添費については,12歳以下の子供に近親者等が付き添った場合,一日2050円。それ以外の場合には,医師が看護の必要性を認めた場合,近親者等付添人の場合一日2050円,厚生労働大臣の許可を受けた有料職業紹介所の紹介による付添人の場合必要相当な実費

3.自宅付添費については,医師が看護の必要性を認めた場合,近親者等付添人の場合一日2050円,厚生労働大臣の許可を受けた有料職業紹介所の紹介による付添人の場合必要相当な実費

とされています。

裁判基準(赤本基準)では,
1.入院付添費については,職業付添人の場合実費,近親者付添人の場合6500円

2.通院付添費については一日3300円

とされています。

もちろん,裁判においては諸般の事情を考慮した上で,増減されることがありますので,この数字は一応の目安です。
posted by kondolaw at 00:00| 交通事故

2012年05月09日

交通事故Part3

近藤和弘法律事務所です。

入通院交通費についてですが,症状,地理的条件等によりタクシーの利用がやむを得ないと言える場合を除き,公共交通機関の料金,自家用車の場合実費相当額(ガソリン代)が,交通事故による損害として支払われます。
どんな場合でもタクシー利用が認められるというわけではないので注意が必要です。
あらかじめ保険会社との間でタクシー利用を認める範囲について話し合い,合意しておく場合もあります。
posted by kondolaw at 00:00| 交通事故

2012年05月08日

交通事故Part2

近藤和弘法律事務所です。

交通事故による症状固定前の請求項目について説明します。

大きく分けると次の6項目になります。

1.治療費
必要かつ相当な範囲で全額認められます。この「必要かつ相当」かどうかが争点となる場合もあります。
たとえば,むち打ちなどで他覚的所見がない,つまり自覚症状のみの場合などです。

2.入院雑費
自賠責基準では1日1100円,裁判基準(赤本基準)では一日1500円の定額とされています。

3.入通院交通費

4.付添看護費

5.休業損害

6.入通院慰謝料

各項目についてはあらためて説明します。
posted by kondolaw at 00:00| 交通事故

2012年05月07日

交通事故Part1

近藤和弘法律事務所です。

交通事故の被害者の方が,加害者(保険会社)に対して請求することのできる項目について,何回かに分けて解説します。

まず,交通事故の損害賠償請求において,重要なキーワードが「症状固定」というものです。

症状固定とは,それ以上治療を続けても症状の改善が望めない状態のことを言います。

症状固定が治癒であれば一番よいのですが,治癒でない場合もあります。
その場合,症状固定時に残っている症状について,後遺症として認定されるかどうかという問題になるわけです。

以下,症状固定前の項目,症状固定後の項目に分けて,解説します。
posted by kondolaw at 00:00| 交通事故