2017年07月04日

不動産の買い手を募集しています

近藤和弘法律事務所です。

当職が担当している案件で,不動産の買い手を募集しています。
下記リンク先の不動産業者に委託しています。
格安物件ですので,興味がおありの方は是非下記リンク先の不動産業者へお問合せください。

http://www.m-royalhousing.com/modules/uriie/index.php?lid=191&cid=3

今後とも,当事務所を宜しくお願いします。
posted by kondolaw at 00:00| 弁護士業務

交通事故に遭われた方へ―「過失が大きいから」と諦めていませんか

近藤和弘法律事務所です。

交通事故に遭われて,ご自分の過失が大きい場合,「過失が大きいから」と諦めていないでしょうか。

ご自分の側の保険(人身傷害保険)を利用することで,ご自分の側の過失分も填補されることがあります。人身傷害保険は,かなりの方が任意保険の特約として付けておられます。

損害額全額の填補を受けるためには,しかるべき手順を踏まなければなりません。
ご自分の過失が大きい場合でも,一度交通事故案件に精通している弁護士にご相談になることをお勧めします。
posted by kondolaw at 00:00| 交通事故

弁護士臨時休業日,事務所休業日のお知らせ

近藤和弘法律事務所です。

弁護士は,以下の日程でお休みをいただきます。
平成29年7月20日(木),21日(金)

21日(金)は事務職員も不在になります。ご用件は転送電話にて承りますが,ご連絡は週明けになります。
ご迷惑をお掛けしますが,宜しくお願いします。

今後とも,当事務所を宜しくお願いします。
posted by kondolaw at 00:00| 弁護士業務

2017年06月22日

後遺障害等級非該当の案件で異議申立てを行ない14級認定

近藤和弘法律事務所です。

当事務所は,交通事故被害者案件に注力しておりますが,任意保険会社への請求の前提となる後遺障害等級認定にも力を入れております。
先日も,後遺障害等級非該当だった方の案件を受任し,事故後間もないタイミングで撮影されたMRI画像と,事故後数カ月経過して撮影されたMRI画像を比較した結果,事故後間もないタイミングで撮影されたMRI画像上明らかである頸椎椎間板ヘルニアの突出の程度が,事故後数カ月経過して撮影されたMRI画像上は明らかに小さくなっていること,被害者車両の損傷の程度から,高エネルギー外傷であると考えられること,等を理由として異議申立てを行ない,非該当が14級に変更になりました。

当事務所は,これからも,交通事故被害者の方が適正な等級認定を得られるよう,医学的知識の習得も含めて研鑽を積みたいと思います。

今後とも,当事務所を宜しくお願いします。
posted by kondolaw at 00:00| 解決事例(交通事故)

2017年05月31日

建築資材(断熱材等),建築機械(切断機,穴開機)の買い手を募集します

近藤和弘法律事務所です。

当職が破産管財人を務めている案件で,以下の建築資材,建築機械等の売却が必要です。
破産管財事件という性質上,迅速な処分が求められているため,通常よりも安価にて売却可能です。
以下の建築資材,建築機械以外にも,残留資材がありますので,関心がおありの方は現場をご確認いただき,買取可能価格のご提示をいただければ幸いです。ご希望の方は,当職事務所までご連絡ください。

アクリアマット
マットエース
アスノンボード
フクフォーム
サイディング
スタイロフォーム
切断機
穴開機


宜しくお願いします。
posted by kondolaw at 00:00| 弁護士業務